介護保険情報Q&A

   
 
 
 
訪問介護事業 --> 報酬 --> 特定事業所加算

質問

特定事業所加算における人材要件のうち、「サービス提供責任者要件」を月の途中で満たさなくなった場合、加算の算定ができなくなるのは、その当日からか。それとも、その翌月の初日からか。

 

回答

翌月の初日からとする。
なお、前月の末日時点でサービス提供責任者要件を満たしていて、その翌月(以下、「当該月」という。)の途中で要件を満たさなくなった場合、当該月の末日にその状態が解消した場合に限り、加算要件は中断しないものとする。ただし、当該月に人員基準を満たさなくなった場合はこの限りでない。

 

QA発出時期等
21.3.23
介護保険最新情報vol.69
平成21年4月改定関係Q&A(vol.1)
〔28〕
QA09-031

 ※なお、個々のQ&Aについて、疑義等がある場合については、厚生労働省HPをご参照ください。

0 コメント

介護保険情報Q&A

   
 
 
訪問介護事業 --> 運営 --> 介護予防サービス(定額報酬の範囲)

質問

介護予防通所介護、介護予防訪問介護等の定額制のサービスを利用している者から、介護予防ケアマネジメント、介護予防通所介護計画等に基づくサービスとは別に、あくまで利用者の個人的な選好によるサービスの提供が当該事業者に対して求められた場合、当該サービスについては、定額報酬の対象外ということでよいか。

 

回答

介護保険の給付の対象となるのは、適切な介護予防ケアマネジメント、介護予防通所介護計画等に基づくサービスであり、これとは別にあくまで本人の選好により当該事業者に対して求められたサービスについては、介護保険による定額払いの対象とはならないものである。

 

QA発出時期等
18.4.21
介護制度改革information vol.96
平成18年4月改定関係Q&A(vol.3)
〔17〕
QA06-184

 ※なお、個々のQ&Aについて、疑義等がある場合については、厚生労働省HPをご参照ください。

0 コメント

介護保険情報Q&A

   
 
訪問介護事業 --> 報酬 --> 訪問介護の所要時間

質問

「一人の利用者に対して複数の訪問介護員等が交代して訪問介護を行った場合も、1回の訪問介護としてその合計の所要時間に応じた所定単位数を算定する。」とされているが、複数の事業者により提供する場合の取扱について

 

回答

一人の利用者に対して複数の訪問介護員等が交代して訪問介護を行った場合は、訪問介護員等の交代の有無に関わらず、1回の訪問介護として算定することとしている。
これは複数の事業者からの複数の訪問介護員等が交代して訪問介護を行う場合にも適用される。(なお複数の事業者の場合訪問介護費の分配は事業所相互の合議に委ねられる。)

 

QA発出時期等
15.5.30
事務連絡
介護保険最新情報vol.151
介護報酬に係るQ&A
〔14〕
QA03-009

 ※なお、個々のQ&Aについて、疑義等がある場合については、厚生労働省HPをご参照ください。

1 コメント

介護保険情報Q&A

 
 
 
訪問介護事業 --> 報酬 --> 介護予防訪問介護(利用回数等)

質問

介護予防訪問介護について、当初、週2回程度の(Ⅱ)型を算定していたものの、月途中で状況が変化して週1回程度のサービス提供となった場合の取扱いはどのようにすればよいか。

 

回答

状況変化に応じて、提供回数を適宜、変更することとなる。なお、その際、報酬区分については、定額報酬の性格上、月途中で変更する必要はない。なお、状況の変化が著しい場合については、翌月から、支給区分を変更することもありうる。

 

QA発出時期等
18.3.27
介護制度改革information vol.80
平成18年4月改定関係Q&A(vol.2)
〔5〕
QA06-118

 ※なお、個々のQ&Aについて、疑義等がある場合については、厚生労働省HPをご参照ください。

0 コメント

介護保険情報Q&A

 
 
訪問介護事業 --> 報酬 --> 緊急時訪問介護加算

質問

緊急時訪問介護加算の算定時における訪問介護の所要時間はどのように決定するのか。

 

回答

要請内容から想定される、具体的なサービス内容にかかる標準的な時間とする。したがって、要請内容については適切に把握しておくこと。
また、本加算の特性上、要請内容からは想定できない事態の発生も想定されることから、現場の状況を介護支援専門員に報告した上で、介護支援専門員が、当初の要請内容からは想定しがたい内容のサービス提供が必要と判断(事後の判断を含む。)した場合は、実際に提供したサービス内容に応じた標準的な時間(現に要した時間ではないことに留意すること。)とすることも可能である。
なお、緊急時訪問介護加算の算定時は、前後の訪問介護との間隔は概ね2時間未満であっても所要時間を合算する必要はなく、所要時間20分未満の身体介護中心型(緊急時訪問介護加算の算定時に限り、20分未満の身体介護に引き続き生活援助中心型を行う場合の加算を行うことも可能)の算定は可能であるが、通常の訪問介護費の算定時と同様、訪問介護の内容が安否確認・健康チェック等の場合は、訪問介護費の算定対象とならないことに留意すること。

※ 平成21年Q&A(vol.1)(平成21年3月23日)問20及び平成21年Q&A(vol.2)(平成21年4月17日)問14は削除する。
(削除)
 次のQ&Aを削除する。
平成21年Q&A(vol.1)(平成21年3月23日)問25、26、35

 

QA発出時期等
24.3.16
事務連絡
介護保険最新情報vol.267
「平成24年度介護報酬改定に関するQ&A(Vol.1)(平成24 年3 月16 日)」の送付について
〔16〕
QA12-016

 ※なお、個々のQ&Aについて、疑義等がある場合については、厚生労働省HPをご参照ください。

0 コメント